サンゴの産卵観察会を行いました

0

     みなさん、こんにちは!

     

     令和元年5月25日(土)に、海洋深層水研究所内にあるサンゴ増殖研究所にて、久米島のハテの浜沖で採取したウスエダミドリイシという種類のサンゴの産卵観察会を行いました。(採取には許可を取っています)

     

     

     夜7時30分過ぎからピンク色をした小さなタマゴがゆらゆらと浮きはじめ、参加者の方からは「初めて見た。感動した」、「不思議!」などの感嘆の声があがりました。参加者のなかには「今年で3回目」というリピーターの方もいらっしゃいました。

     

     また、「どうしてサンゴのタマゴは浮いているのか」などの質問があり、研究員の方が「サンゴのタマゴには油(脂肪)がついているから水に浮かぶよ」など、1つ1つの質問に答えてくれました。

     

    サンゴの産卵を待つ参加者の方々

    サンゴの産卵を待つ参加者の方々

     

    ピンク色の小さな粒がサンゴのタマゴ。「バンドル」と呼ばれ、精子と卵子が入っている

     

     

    ゆらゆらとタマゴが水面へと向かい、水面がピンク色に染まっていきます

     

     

     ここで生まれた赤ちゃんサンゴが大きく育ち、いつか久米島の海で産卵することを願っています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    久米島の海を守る会オフィシャルサイト
    久米島の海を守る会オフィシャルサイト

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    天気予報

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:105 最後に更新した日:2019/12/03

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM