総会がありました。

1
去る6月30日に、当会の通常総会が行われました。
昨年の7月に法人化してから、初めての総会となりました

議題は、決算報告や活動報告、今後の事業計画などでしたが、
その中でも盛り上がった話題が、現在久米島の海でサンゴに
悪い影響を与えている「レイシガイダマシ」について。

この貝、大きさは人の親指の先っぽくらいで、
白くて一見かわいらしいのですが、
なんとサンゴのエキスを吸って白化させてしまうんです


レイシガイダマシのアップ


捕獲したレイシガイダマシ


レイシガイダマシの被害で、白化しかけているサンゴ


現在、ダイバーさん達が仕事の合間に、ピンセットで一個ずつ
駆除してもらっているのですが、
これを何とか有効活用できないか??ということで、
ストラップはどうかな?など会員からいろいろな意見があがりました。
この活用方法については、今後も検討を進めていく予定です。


また、ダイバーさんのお話の中で上ったのが、
昨年発見されてマスコミで大きな話題となった
久米島の大規模サンゴ群集「ナンハナリ」について。

この「ナンハナリ」は、久米島の南東2.3キロメートル、
水深30メートル付近に広がる幅が200メートル、
長さが300メートルという大群集のほかに、
長さが断続的に1キロメートル以上も広がっていることも
確認されています。

久米島の大規模サンゴ群集「ナンハナリ」


これほどの規模の群集は、今のところ他には知られていない
とのことです

昨年の報道以降、この景色を一目みたいという
ダイビング希望者がとても増えたとのこと。
久米島の海にはまだまだ知られざる神秘的な世界が広がっています 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

久米島の海を守る会オフィシャルサイト
久米島の海を守る会オフィシャルサイト

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

天気予報

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:87 最後に更新した日:2018/06/04

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM