海中のゴミ拾いを行いました

0

    みなさま、こんにちは!

     

    11月18日(月)に真泊港沖の赤灯台の近くの海で、ゴミ拾いを行いました。

     

     

    今回は島のダイビングショップ・プラスアルファさんに協力いただきました。

    ここはダイビングのポイントで、以前より海中に落ちているゴミが気になっているとの

    情報をいただき、清掃することにしました。

     

    地形の溝や窪みに、ペットボトル等が溜まっています。

     

     

     

    ゴミを見つけると、ひとつひとつ手で拾い、ネットに入れていきます。

    漁具も沈んでいましたが、海中ゴミの多くはペットボトルでした。

    国内のものもあれば、外国からの漂着ペットボトルが海中に沈んだと思われるものも。。。

     

    思ったより重く、ずっしりと感じました。

    浮力を足すために、BCDに空気を入れなければならないほどです。

    さらに、海中から船に引き上げる時が、一番の重労働!!

    浮力がなくなりぐぐぐっと重くなりました。

     

     

    船の上で水を抜き、ゴミの分別を行いました。

    海の中がきれいになって、満足の笑顔の3人です。

     

    (しかし、後日、海が荒れた後に再びゴミが集まってきたとの情報が。。。)

     

     

    記録用に重さを測ったところ、なんと総重量18キロ以上のゴミ!

     

     

    分別して重さを測定後、クリーンセンターに持ち込み、処分してもらいました。

     

    拾っても、拾っても、無くならない海洋ゴミ。

    問題となっている海洋プラスチックゴミ問題。

    発生させないことが何より大切ですが、

    まずは「自分たちができること」として続けていきたいと思います。

     

    なお、この事業は、沖縄県サンゴ礁保全活動支援事業の助成金を受けて実施しております。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    久米島の海を守る会オフィシャルサイト
    久米島の海を守る会オフィシャルサイト

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    天気予報

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:107 最後に更新した日:2019/12/03

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM