子育て支援センター「にじのひろば」にてWWFジャパンさんによる環境教育を行いました

0

    みなさん、こんにちは!

     

    12月2日(月)に子育て支援センター「にじのひろば」にて

    WWFジャパンの南西諸島担当スタッフ権田氏をお招きし

    「久米島の自然と次世代への課題」というタイトルの座談会(環境教育)を行いました。

     

     

    WWFジャパンの権田氏は、2009年〜2012年の3年間展開された「久米島応援プロジェクト」を担当。

    このプロジェクトは、久米島の自然の豊さ・生物多様性を調査し、その保全活動を地元久米島の人々で継続されることを狙ったプロジェクトでした。

    「久米島の人と自然」という書籍に、このプロジェクトの詳細が書かれています。

    興味のある方は、ぜひご一読ください。

     

    今日のお話では、赤土流出や海洋漂着ゴミ問題、久米島の自然の価値、沖縄の島々が抱える問題などが話されました。

    次世代を担う子供たちのお母さん方は真剣に話に聞き入ってくださり、

    会の終わりには、「子供たちが久米島の自然を体験する機会が少なくなってきている」、「久米島の海を残したい」、

    「自然を守りたいけど、自分たちに何ができるのか」などの感想や質問が寄せられました。

     

    権田氏からの締めくくりとして「今日話した、知った、考えたことを、家族・親戚などに一言でもよいので、お話して欲しい」と興味・関心を抱き続けることが、まず保全活動につながるとのメッセージが発せられました。

     

    当会は、この「久米島応援プロジェクト」を受け継ぎ、久米島の特定海域での赤土堆積量調査「SPSS」などの活動を続けています。

     

    権田氏のお話のほか、海の生物をモチーフにしたリース作りも予定してましたが、

    せっかくの機会なので権田氏との対話の時間として、リース作りは別の日のお楽しみとなりました。

     

    当会は、今回、場を提供して下さったにじのひろばさんと参加者の皆様に感謝申し上げます。

    これからも連携して環境保全活動ができればと考えています。

     

    なお、この事業は、令和元年沖縄県サンゴ礁保全活動支援事業の支援を受けて実施されました。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    久米島の海を守る会オフィシャルサイト
    久米島の海を守る会オフィシャルサイト

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    天気予報

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:107 最後に更新した日:2019/12/03

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM