レイシガイダマシ買い取り制度の実施

1
みなさん、こんにちは。事務局Hです。

さて、下に写真の貝殻(2cm程度)はなんの貝のものかわかりますか?



これは、以前もブログで紹介した「レイシガイダマシ」という貝の貝殻です。
この貝は、サンゴに取り付いてそのエキスを餌としています。
その結果、サンゴが白化して死んでしまうという実にやっかいな貝なのです。


↓下の写真は、レイシガイダマシにやられて白化しつつある枝サンゴです。



↓これは、上が正常なサンゴで下が完全に白化してしまったサンゴです。
比べてみるとよくわかります。



↓これは横から見た白化しつつあるサンゴです。


久米島近海では、オニヒトデとならんで被害が拡大しつつある生物です。


駆除するには、ピンセットでサンゴに取り付いているこの小さな貝を
1匹づつとるという地道な作業を行うしか今のところ方法がありません。

そのような中、当会と久米島のダイバーさんが協力してこの駆除に乗り出しました。

それは、ダイバーさんが海中での仕事に合間にピンセットで1匹1匹レイシガイダマシを
捕まえて、それをまとめて1kg1,000円で当会が買い取るというものです。


↓これが、第一回目に捕まえてきたレイシガイダマシです。 


↓計量の様子です。


合計で23kgも採れました。ダイバーのみなさん本当におつかれさまでした。
これからもよろしくお願いします。

あと、せっかくとったレイシガイダマシなのでなにか有効利用できないか探しているところです。
ストラップとかアクセサリーができるとよいなあと思っています。
みなさんからのアイデア募集です。どんなものができるか楽しみです。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

久米島の海を守る会オフィシャルサイト
久米島の海を守る会オフィシャルサイト

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

天気予報

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:96 最後に更新した日:2019/07/31

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM