12年3月20日 赤土流出防止対策(アーラ浜近く)

1
みなさんこんにちは。
久米島は雨の多い日が続いてますがみなさんの調子はいかがでしょうか。 

久米島町環境保全課さんからの依頼で、アーラ浜近くの畑の赤土流出防止
対策を依頼されたので、その様子をお送りします。

写真は、アーラ浜に行く途中から海を臨んだ様子。



ここがアーラ浜です。プライベートビーチのような雰囲気の穴場スポットで、
キャンプをすると楽しいところです

写真は、アーラ浜に川の水が流れ込んでいるところです。



ここに赤土が少しでも流れ込まないように今回対策をしました。



上の写真より100mほど上流にいったところ。



さらに数100mほど上がったところが今回対策をした畑です。
今までやった中で一番大きかったです。



早速、作業開始。まず、赤土流出防止板を設置するためにタコ糸を引っ張ります。



このように両端を鉄筋にくくりつけて張ります。



これが赤土流失防止板です。長さ4m、幅30cmあります。
防腐処理をしているので10年以上持つそうです。



次にタコ糸に沿って板を並べます。



そしてクワで5cmほどの溝を掘ります。



その次に溝の上に板を差し込み、鉄筋で固定します。



このようにして次々に板を設置していきます。



さらに、板をハンマーで打ち込んで地面としっかりと接地させます。



そして、最後に溝を掘った時に出た土を板に寄せます。



長さが余った部分もこの通りしっかりと接いでいます。



今回の設置場所は、長さが54mもあり、板16枚を使用しました。


あと、板の他に、斜面に網を被せる作業も行いました。
網を被せる狙いは、雨が直接地面にぶつかるのを防いで、
浸食されないようにするためです。

環境保全課さんから、使われなくあったネットとゴムのシートがあるから、
これを有効利用してはどうかと提案があり、取り組みました。

これが資材置き場にあったネットです。



こちらはゴムシート。



トラックに載せてクリーンセンターから現場まで運びました。



広げてみると穴が空いていたので、2つ折りをして穴をふさぐことにしました。



斜面を覆うようにしてネットとゴムシートをかけ、鉄筋と石で固定しました。



これが完成の様子です。石を運ぶのに1つ1つ人力で運んだので、筋肉痛になりました。


上の写真の反対側から撮った写真です。割ときれいに仕上がりました。



みんな作業に慣れてきて、予定より早く終わりました。
これで、少しでも赤土流出防止に貢献できればと願っています

今後、ベチバーの苗を入手次第、板の内と外に植える予定です。
また、儀間川流域の畑での赤土流出防止活動も計画中です。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

久米島の海を守る会オフィシャルサイト
久米島の海を守る会オフィシャルサイト

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

天気予報

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:90 最後に更新した日:2018/09/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM