講演会:環境と調和した農業経営の取り組み 仲地先生 儀間先生 

1
 

皆さんこんにちは。

今回は、13127日にあじま―館会議室で行われた講演会に
ついて
報告します。

 

今回の講演会の狙いは、経済性の高い農業をすることが、環境保全にもつながることを主に農業関係者に意識して頂きたくて企画しました。

講師として、仲地宗俊先生と儀間敏彦先生が久米島に駆けつけていただきました。

(仲地先生は、沖縄本島、儀間先生は、熊本から)

 

お二人の講演タイトル、プロフィールは、以下の通りです。

 

≪仲地宗俊先生(琉球大学名誉教授)プロフィール≫

 

久米島町(旧具志川村)生まれ

1981年琉球大学農学部勤務

   技官(教務職員)・助手・講師・助教授・教授を経て、20123月定年退職。
   
現在に至るl

 

講演タイトル

環境と調和した農業経営の取り組み

 

【講演要旨
農業は厳しい状況が続いているが、近年、各地で6次産業や環境と調和した農業の視点から新たな取り組みが進みつつある。この講演ではこうした考え方と沖縄における事例を紹介しつつ、環境と調和した農業のあり方を考えたい。

 


≪儀間敏彦先生(東海大学 経営学部 教授)プロフィール≫

19616月、那覇市、生まれ。(52歳)

 

【久米島との関わり
幼稚園前まで、久米島ですごす。父は、久米島出身。

 

【講演タイトル】
久米島の持続可能な経済発展とその可能性

【講演要旨
経営学とスポーツ心理学という先生ならではの観点から久米島の未来に向けた提言を先進事例を交えながら行う。

 
 

久米島産業まつりの前日にも関わらず

20名程の参加者があり、その関心の高さが伺えました。

また、沖縄タイムスさん、久米島町広報担当者さんが取材に訪れてくれました。
写真は、仲地先生。

  

 



こちらは、儀間先生。



広報くめじまにも掲載されました。


写真は、割愛しています。


懇親会も久米島の農業の未来について熱く語り合いました。

これを契機に久米島の農業と環境保全が前進するように
努力します。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

久米島の海を守る会オフィシャルサイト
久米島の海を守る会オフィシャルサイト

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

天気予報

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:85 最後に更新した日:2018/05/15

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM