赤土流出防止対策(日本大学インターン生と一緒に)

1
みなさん、こんにちは。

平成26年8月14日に行われた、赤土流出防止対策の
様子をお送りします。

当会が窓口になって、久米島の農家、企業にインターンで
やってきた、日本大学の生徒さん3名とともに、
実習として、赤土流出防止対策を行いました。

場所は、儀間川の中ほどに近い畑です。

最初に理事長の田場からオリエンテーション
を行いました。
日大生のみなさんは、つなぎの実習着で参加です。


まず、赤土流出防止板の設置場所の雑草を取り除きます。


次に、くわで溝を掘ります。


日大生にとっては、防止板設置作業は初めての体験です。


溝が掘れたら、板を設置します。


板を設置したら、土を入れてすき間を埋めます。


そしたら、鉄筋をハンマーで打ち込んで、支柱にして
固定します。


うまく打ち込んでいます。


次は、少し難しい場所をやります。
同様に溝を掘ります。


設置場所の長さに合わせて、板を切ります。
のこぎりを使う姿もなかなかさまになっています。


板を切ったら、ハンマーで押し付けます。


鉄筋の支柱を打ち込みます。


まがりくねったところを工夫して設置しました。


あとは、どんどん作業を進めていきました。


完成した様子です。









予定していた分を無事に終えることができました。
最後は、全員で記念撮影。お疲れ様でした。


本土の方は、赤土流出がサンゴの生育にダメージを与える
事実を知る人は、そんなに多くないと思います。
日大生のみなさんも今回の作業をするまで、それを
知りませんでした。
今回の活動を通して、サンゴの保護について深く
理解するよい経験になったと思います。

それでは、みなさんまたお会いしましょう。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

久米島の海を守る会オフィシャルサイト
久米島の海を守る会オフィシャルサイト

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

天気予報

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:87 最後に更新した日:2018/06/04

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM