サンゴ【ウスエダミドリイシ】の産卵観察会(水槽)

0


    みなさん、こんにちは。
    今日は16年5月28日に行われたサンゴ(水槽)の産卵観察会についてお伝えします。

    この観察会は、当会で主催し、敷地内でサンゴを養殖している沖縄県
    海洋深層水研究所の協力で開催しました。

    今回観察したサンゴの名前は、ウスエダミドリイシです。
    このように透明な水槽にいれて、子ども達と保護者のみなさん30名程度
    で観察しました。


    ウスエダミドリイシのアップです。水槽が結露しているために
    少しもやがかかった感じの写真になっています。

    今回、サンゴが卵を産むタイミングをはかり、観察するのは難しいものでした。
    それは、産卵が満月のあと1週間(5月23日〜31日)の間のいずれか一日に限られ、

    また、産卵時間は、19:30から30分程度の短い時間だったからです。
    加えて、産卵するかどうか判明するのが当日の18:30でした。

    5月28日に研究員の方から、連絡を受け、

    到着したのが19:00頃。
    そして、19:30から少しづつサンゴがピンクいろの卵を産み始めました。

     


    子どもたちも初めてみるサンゴの産卵に食い入るように観察
    していました。


    卵はどんどん産卵され、最終的に水槽いっぱいになりました。


    卵のアップです。

     

    観察した田場成海さん(久米島西中2年)は、

    「サンゴは年に1回、暗い時しか産卵しないのでとても貴重な

    体験に参加できたと思います。

    産卵中、数万個の卵がライトで照らされて

    いたのでとても神秘的でした。

    サンゴは地球温暖化の影響で白化が

    進んでいるようなので、きれいなサンゴがこのような

    養殖でもっと増えてほしいです。」

    と感想を述べていました。


    最後に、このような機会を提供して頂いた沖縄県海洋深層水研究所様に

    厚くお礼申し上げます。


     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    久米島の海を守る会オフィシャルサイト
    久米島の海を守る会オフィシャルサイト

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    天気予報

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:85 最後に更新した日:2018/05/15

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM