グラスボートによるハテの浜近海でサンゴの観察会およびハテの浜に上陸しての環境学習

0

    皆さん、こんにちは!

    今回は、平成29年度115日に大田子供会とその保護者を中心にグラスボートによるハテの浜近海でサンゴの観察会およびハテの浜に上陸しての環境学習を行いましたのでのご報告を致します。

     

     

    講師に一般社団法人キュリオス沖縄の宮崎 悠(みやざきゆう)氏を招聘し、現場での出前授業を行って頂きました。


     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ハテの浜へは、久米島海洋レジャーさんが案内してくれました。

     


     

    海中をグラスボートで観察しながら講師の宮崎氏に、サンゴ礁の成り立ちや海の生き物を分かりやすく説明して頂きました

     


     

    参加者、皆で海中を見ていると沢山の色鮮やかな魚やサンゴ礁等を観察できました!

     

     

    ハテの浜へ到着!!

     

     

    子供達はハテの浜の生物や貝殻を見つけて宮崎氏に色々な事を教えて頂きました。

     

     

    カツオノエボシ

    ※青白い浮き袋を持ち、そこから青く長い触手が伸びていて刺されると電気が走ったような強い痛みを感じるため、デンキクラゲとも呼ばれていて大変危険ですので見つけても触らないで下さい。

     

     

    環境学習を行いながら漂着したゴミ等も分別し回収しました。

     

     

    今回参加して頂いた皆様

    参加者 子供11名 一般6名 スタッフ3

     

     

    集めたゴミは、町の環境保全課へお願いし処分してもらいました!

    本事業は、沖縄県からのH29年度サンゴ礁保全活動支援事業助成金を受けて実施しました。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    久米島の海を守る会オフィシャルサイト
    久米島の海を守る会オフィシャルサイト

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    天気予報

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:90 最後に更新した日:2018/09/19

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM