サンゴの産卵観察会

0

    皆さん、こんにちは!
     

    毎年恒例のサンゴの産卵観察会を平成30年6月4日に行いましたので、ご報告致します。
    「沖縄県海洋深層水研究所内、一般社団法人水産土木建設技術センター サンゴ増殖研究所」にて久米島産のウスエダミドリイシ(水槽)産卵観察会を実施しましたのでご報告いたします。

     

    ・主催: (一社) 久米島の海を守る会
    ・協力: (一社) 水産土木建設技術センター、沖縄県海洋深層水研究所

     

    今回も観察したサンゴは、久米島産のウスエダミドリイシです。

     

     

    サンゴの産卵を観察するタイミングをはかるのが難しく、それは、産卵が満月のあと1週間(5月28日〜6月4日)のいずれか一日に限られ、また、産卵時間は、19:30から30分程度の短い時間だったからです。
    また、産卵するかどうか判明するのが当日の夕方でしたので研究員の方がサンゴの状態を見極めて、ご連絡を頂いたのが18:40でした。

     

     

    参加者は16人(子供6人、大人10人)

     

     

    ライトを消し観察していると19:30頃から徐々にサンゴの先端の突起から少しずつピンク色の卵が見えてきました。

     

     

    このサンゴの卵に見えるピンク色の球体は、バンドルと言われるもので、この中に卵子が10個と精子が入っていて、これが水面に上がってきてばらけると他の精子と受精するそうです

     

     

    同じバンドルの精子と卵子が受精する事はないそうです。

     

     

    研究員の方が卵を容器にすくい、海面の波に見立ててかき混ぜると海水が白くなり受精するそうです。

     

     

    産卵が始まり約30分間、子供達や保護者の皆さんとサンゴの産卵を観察できました。
    ご参加頂いた皆様と、このような貴重な機会を提供して頂いた、

    (一社)水産土木建設技術センター、沖縄県海洋深層水研究所様に厚く御礼申し上げます。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    久米島の海を守る会オフィシャルサイト
    久米島の海を守る会オフィシャルサイト

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    天気予報

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:90 最後に更新した日:2018/09/19

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM