久米島車エビフェスタが開催されました♪

3
 
さて、今回は去る11月26日に開催された『久米島車エビフェスタ』の様子をお伝えします。
久米島町は、実は車エビの生産量が日本一なのです
それで今回、出荷式を兼ねてイベントが行われました。




車エビは寒くなり始める今頃から旬を迎え、翌年の春まで出荷されます。
大きなトラックに積まれた久米島育ちの車エビ初出荷です



生産者および関係者の方々!
みなさん、美味しさに自信ありますっていう表情ですね!?


会場では車エビ関連の出店が並びました〜


ちなみにこれは稚エビです。
生まれて数週間でしょうか?? やはり小さいと可愛いですね〜



これはモズクの春巻き。とってもおいしかったです
これは当会の準会員である助ろく(カマボコ屋さん)が作ってくれました。


車エビ入り焼きそば。豪華です
これでもかってくらい腰が曲がってますね〜 さすがエビです。


串焼きになるまえの車エビ。


車エビのつかみ取り。子どものみです。私もやりたかった〜!




車エビのお買い得セール。おひとり様2箱まで。テレビの取材も来ていたんです


長蛇の列!もちろん、あっという間に完売です



あと、本イベントでは、「車エビドッグのコンテスト」も行われました
これは、車エビを使った名物を作ろうということで今シーズンから企画されたもので、
10店舗の食堂やホテルが各自オリジナルの車エビドッグを作成し、その味を競いました。

下の写真が、全10店舗の車エビドッグです。
どのドッグが入賞したか、写真を見ながら予想してみてください。

No.1 サイプレスリゾート久米島さん


No.2 レストハウス畳石さん


No.3 なかゆくい処さん(バーデハウス久米島内)


No.4 オーシャンエイトさん


No.5 レストラン竜さん


No.6 久米島イーフビーチホテルさん


No.7 リゾートホテル久米アイランドさん


No.8 ホテルマリンテラスさん


No.9 南島食楽園さん


No.10 あまはじレストラン O2ハッピーさん



以上です。
みなさん、どの車エビドッグが入賞したと思いますか?
正解は…

最優秀賞がNo.1 サイプレスリゾート久米島さんです!
食べたことがありますが、姿焼きとすり身で一食で2度おいしいのが絶品です!

次に、奨励賞はNo.4 オーシャンエイトさんと、No.7 リゾートホテル久米アイランドさんでした。
どちらも、見た目の美しさと味の美味しさが高く評価されたようです。
しかし、いずれのドッグも、それぞれに個性と工夫があり、
一生けんめい試作を重ねてきたお店の方々の努力には感動しました〜


最優秀賞に輝いたサイプレスリゾートさんの料理長。


並んで記念撮影しました。


この新しく誕生した久米島の車エビドッグが、久米島発のB級グルメとして定着して、
久米島の「車エビ日本一!」を全国に発信できたらいいな〜

いろいろ盛りだくさんの車エビフェスタでした



ミーフガー清掃活動

1

今日、商工会女性部・青年部と一緒に久米島の名所であるミーフガーの清掃活動を行いました。



上の写真は、ミーフガーの周辺を清掃している様子です。
ミーフガーとは上記の写真の岩場のことで、女性のシンボルに形が似ていることから
お祈りすると子宝に恵まれるといわれています。


とても素晴らしい景観の場所なのですが、
海外からの漂着ゴミなどが台風の度に大量に運ばれてきます






ブイも何十個と落ちていました。台湾から流れてきてる小さなブイもいくつも落ちていました。



空き缶やペットボトルも多かったです。



清掃作業は2時間程度でしたが、あっという間にこれだけ集まりました



きれいに分別して…



なんとか終了しました!集めたごみを前にして記念撮影でーす


熱い中での作業でしたがお疲れ様でした。この後美味しいかき氷が待ってました〜


ミーフガーからの海の眺めです。いつもでもきれいな海を保ちたいですね。



清掃中に観光客の人がミーフガーをみて「風景がきれいで感動しました!!」
といってくれたので、きれいにしたかいがあったなあ


久米島「海洋深層水の日」イベントがありました♪

1
去る6月12日に、久米島「海洋深層水の日」イベントがありました〜

なぜ「6月12日」か!? 
それは、久米島の海洋深層水が「深さ612m」から汲み上げられているから!
この深さは日本で2番目、取水量の13,000トン/日は日本一なのです!

久米島では、この深層水をクルマエビや海ブドウの養殖や、塩、飲料水、化粧品など
さまざまな分野で活用しています。

そうそう、「バーデハウス久米島」は、海洋深層水をバーデプールに100%用いた
健康増進&元気促進のスパ施設で、とてもリラックスできるんですよ〜



この日は、早い梅雨明けをした快晴の下、(去年は梅雨の真っ最中)
まずは、平良町長のあいさつで始まりました。





海洋深層水関連の商品を販売する出店が並びました。




塩造り体験もできるんです。





塩造りは子どもたちに大人気。
海水から塩ができる過程ってなかなか見られないので、大人でも興味深々。





久米島のイベントでは恒例の「モズク流し」もありました。





足みずフットクールで一休み。
深層水の水って冷たくて、温まりにくいので、気温の高いこんな日でも水はずっと
気持ちいい冷たさを保っているんです。
足だけじゃなく、全身つかってるお子さんもいました〜



小さいイベントですが、久米島ならではの楽しさがいっぱいでした

久米島 モズクの日エコマリンフェスタ2011 開催!

1
はじめまして!


私たちは「久米島の海を守る会」という団体です。

当会は久米島の美しい海を守りたいという有志が集まり作られました。

詳しい自己紹介はHPを見ていただくとして…



このたびブログをスタートさせることになりました。

ここでは、当会の活動やお知らせとともに、

久米島の日常の話題・イベントや自然、食べ物、発見などなど、

久米島の魅力をいろいろ紹介していきたいと思いますので、

どうぞよろしくお願いします!


記念すべきブログ第1弾は、

先日4月17日(日)に泊フィッシャリーナで行われた

イベント「モズクの日エコマリンフェスタ in 久米島2011」です。



この日はあいにくの雨…

そのため、予定されていた催しものはキャンセルとなりました。




しかし、イベントそのものは雨天決行!

ということで、雨の中ハテの浜ではゴミ拾いが行われました。




拾い集められたゴミの山です!!↓

このゴミは漂流ゴミと言ってはるばる海流に乗って

国内外から流れ着いたゴミです。

このように地元の有志のみんなで定期的に

拾いにいってきれいにしています。

拾いに行ったみなさま お疲れさまでした。





恒例の「流しモズク」もやりましたよ〜↓

「モズクの日」だから、モズク食べ放題

タレがモズクとあって、すごく美味しいんですよね〜




また、フードコーナーでは、久米島漁協さんによる

モズクと冷凍車エビの販売が行われました。

久米島は車エビの日本一の産地!





焼きそばなどもあり…↓




そして、久米島の海を守る会としては、

少しでもイベントを盛り上げるため、久米島の農家さんが作った

とれたて野菜の販売を行いました↓ 





見てみて!この春キャベツ!人の頭より大きいんです。↓

写真左側では、深層水で作った海ブドウ(これも久米島特産!)も

大特価で販売されていました。(たくさん買って親戚に送りました!)




雨のおかげで、お客さんは少なかったのですが、

野菜は見事に完売しました



こんなふうに、久米島の楽しい情報をお届けしたいと思いますので、

これからもよろしくお願いします


久米島の海を守る会オフィシャルサイト
久米島の海を守る会オフィシャルサイト

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

天気予報

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:87 最後に更新した日:2018/06/04

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM