子どもたちの棚田田植え体験 久米島の美しい棚田風景再生事業

1
みなさんこんにちは。

今日は、14年4月3日に行われました子どもたちの
棚田田植え体験についてお送りします。


さて、今回の実施場所は、
久米島の海を守る会が

『久米島の美しい棚田風景再生事業
を行っている字仲地という集落にある棚田です。
ここは、地元の農家が代々、守ってきた田んぼです。

今回の参加したのは字大田と字仲地の子供会と
その父母の方です。
加えて、地元の農家さんや赤土対策コーディネーターの
方々などが応援に駆け付けてくれました。

ここが田植え体験を行う田んぼです。
棚田再生事業を行っている1,000坪の田んぼの中から、
ちょうど良い大きさの田んぼを選びました。


これが、今回、植えた苗の全部です

種まきから、およそ1ヶ月目で立派に育ちました。


苗の大きさはご覧の通りです。
がっちりして、健全な良い苗です。


子どもたちは、田んぼに入るのもはじめてで
はじめは、恐る恐る見ていました。


最初にオリエンテーションです。
はじめに理事長の田場があいさつをしました。

(あいさつまとめ)

なぜ、棚田を守るかを説明します。
昔、久米島は、自給自足できるぐらい
田んぼがありました。

しかし、今では、まとまった棚田はこの字仲地だけです。
しかも、その棚田も、だんだん行う人が減ってきて、
草を生やしてしまっている田んぼが増えてきました。

それで、今、久米島に残された
棚田風景を守るために
当会は活動しています。

また、子供達には、田植え体験を通して棚田の大切さ
を学んでほしいです。


次に技術指導を頂いている、久米島青果の山里さんから
久米島の稲の歴史についてお話を頂きました。

(説明まとめ)
今は、ほとんどサトウキビ畑になっている農地も、
昔は、田んぼでした。

そして、久米島のお米は、昭和14年に天皇陛下への
献上米に選ばれるほど、質のよいお米がだったそうです。

しかし、稲からサトウキビを作るように政府からの
指導があり、ほどんどの田んぼが姿を消しました。
それで、久米島の棚田は、この字仲地のみになりました。
皆さんには、この田んぼを守っていってほしいと
思います。


地元の農家さん、赤土対策コーディネーター等の方々も
応援にかけつけてくれました。


さあ、いよいよ田んぼにはいるよー。


よいしょとよじ登って。


苗の束を均等になるように投げ入れます。
こうすることで、田植えを始めてから、
いちいち、あぜまで取りに行かなくても済みます。


みんな、ちゃんと狙ってね。


ナイススロー。


うまく均等に投げ入れることができました。


あぜ道を歩くのも、おっかなびっくりです。


さあ、田んぼに入るぞ。

初めての田んぼにはいるよー。
まずはそーと足を入れて。


田んぼって歩きにくいなあ。


さあ、一列にならんで。


初めての田植え開始。


横、一線にならんで植え付けます。


当会の棚田担当の吉永さんが指導にあたります。


地元の農家さんも指導にかけつけてくれました。



地元、仲地の農家のおじいちゃんもお孫さんと一緒に
参加してくれました。
このお孫さんも田植えがはじめてとのこと。
微笑ましい風
景ですね。
こうして、代々棚田が受け継がれて
きたのですね。

私は、こわくて田んぼに入れないよー。



田んぼに入るのがこわいから、私は、ここから植えるよ。


ぼく、歩けるかな。


歩けたよ。兄弟で田植え楽しいね。


お兄ちゃんたちは、だいぶ慣れてきたよ。






田植え終了。
僕が、一番うまいって言われたよ。


用水路で足を洗います。


無事に植えきることができした。


また、食育として、この棚田でとれた前年のもち米を
おばあちゃん達に炊いてもらって、
家に持ち帰り食べました。
本土のもち米よりおいしかったです。


また、この田んぼには、カワニナがいっぱいました。


こんなにたくさんいます。


アップ。


ご存知の通り、カワニナはクメジマボタルのエサになります。
今年は、棚田では、クメジマボタルを見ることが
出来なかったのですが、私たちの取り組みを通して、
来年以降に期待したいと思います。



私たちの
『久米島の美しい棚田風景再生事業』は、
風景を守り、世代をつなぎ、食育を学び、
生き物を豊かしていくことを
改めて実感しました。

稲刈りは、8月を予定しています。
楽しみにして下さい。











 

【連携強化】久米島町・国環研・赤土コーディネーター

0
     みなさん。こんにちは。

    今回は、14年3月25日に行った、
    来年度に向けて、各団体と連携強化をはかりました、

    はじめに、赤土コーディネーターさん、国立環境研究所チーム、WWFジャパンさんと当会の
    情報交換を行いました。
    お互いに協力し


    次に久米島町産業振興課と前述の国立環境研究所の打ち合わせに参加。
    当会からは、学会発表の報告と協力協定書に基づく連携の確認を行いました。


    町長、副町長にWWFジャパンさんを交えて、活動報告と来年度も協力協定に基づく
    バックアップと連携を確認しました。





    稲の苗スクスク成長中! 久米島の美しい棚田風景再生事業

    1

    みなさん、こんにちは。

    今日は、スクスク育っている稲の苗について
    お送りします。

    今回、写真を撮影したのが、14年3月15日です。
    まいた種もみがここまで育っています。


    アップです。


    水やりは、1日、3回見回りして、乾燥しないようにします。


    こちらは、翌日の16日の苗です。1日でずいぶん成長して
    いますね。


    田植えの時が、楽しみですね。


    稲の苗づくり 久米島の美しい棚田風景再生事業

    1
     みなさん、こんにちは。
    今日は、当会、活動中の久米島のうつくしい
    棚田風景再生事業についてお送ります。

    今、3月下旬を予定している田植えのため、苗づくりを進めています。

    これは、何日か、水に浸して、発芽させた種もみです。


    それを、育苗土を敷いた、育苗トレーにパラパラと撒きます。


    だいたい、これぐらいの間隔です。


    そして、土を被せて、苗床の完成です。


    これを、何十トレイと作りました。


    こうして、苗を育てて、田植えの日を待ちます。楽しみですね。
    次は、またその様子をお届けする予定です。


     

    総会開催

    1
    みなさん、こんにちは。
    今日は、14年2月24日に行われた総会について、
    お送りします。

    Cafe 花龍にて行いました。
    料理もおいしいし、個室もついて、
    とってもいいお店ですよ。




    理事長からのあいさつで始まり、


    みなさん、真剣に資料を読んでいます。


    これから、より一体感をもって、活動が進んでいくと思います。

    ネイチャー・レシピ 自然体験型活動プログラム集に掲載されました

    1

    みなさん、こんにちは。
    事務局の日比野です。
    さて、今回は、ネイチャーレシピ 自然体験活動プログラム集
    掲載について、お送りします。
    これは、沖縄県環境生活部自然保護課が発行したもので、
    様々な取り組みの中で当会も掲載されました。





    当会の内容は、なぜ、赤土流出防止活動を行う必要があるか、
    久米島の現状はどうかなどのオリエンテーションと、実際の活動として、ベチバーの植付体験を行います。

    他の活動が自然体験型、自然観察型である中のに対し、直接的に
    環境を守ろうという取り組みは、当会だけです。


    興味のある方は、気軽に以下のメールまでお問い合わせ
    下さい。


    contact@umiwo-mamorukai.jp

    浦添市婦人連合会さんの久米島でのベチバー植付お手伝い

    1

    みなさん、こんちには。

    さて、今回は、14年1月25日に、浦添市婦人連合会さんが久米島での
    モニタリング体験ツアーの一環として行われた、ベチバー植付の
    お手伝いについてお送りします。

    今回、浦添市婦人連合会さんのモニタリング体験ツアーが
    特定非営利活動法人おきなわグリーンネットワークさんの
    コーディネートで、久米島で行われました。

    その内容は、地域と連携した「沖縄の美ら海」を守る環境保全活動
    (赤土流出防止対策「ベチバーの植栽活動」)と地域の
    特産物(紬、海ぶどう、海洋深層水他)等の魅力を体感
    できる体験ツアーです。

    その一環として、ベチバーの植付が行われ、そのお手伝いを
    させていただきました。

    写真は、浦添市婦人連合会の皆様です。
    沖縄県海洋深層水研究所の視察での記念写真です。


    おきなわグリーンネットワークさんによる
    ベチバー植付作業の説明です。


    ベチバーの植付風景です。


    このように、先進的な活動をされているおきなわグリーン
    ネットワークさんとも連携を深めながら、活動を進めていきます。


    日本サンゴ礁学会で活動発表をしました

    1

    皆さんこんにちは。

    今日は、131212日、13日に沖縄科学技術大学院大学で行われた日本サンゴ礁学会での発表についてお送ります。

     

    今回、久米島応援プロジェクトのリーダーでWWFジャパンの
    権田さんと国立環境研究所の山野さんのコーディネートで
    サンゴ礁学会にて、当会の発表を行ってきました。
    ポスター作りなど権田さんや山野さんのバックアップのおかげで、
    日本サンゴ礁学会での発表が実現しました。
    この場を借りてお礼申し上げます。
    本当にありがとうございました。

    当会からは、理事長の田場と事務局の日比野が参加しました。

    海外の研究者も参加しており、国際的な学会でした。


    会場は、沖縄県大学院大学です。
    これは、その略称とロゴです。

     


    敷地内には、研究者が家族で暮らせるように宿舎がありました。


    立て物も立派で、いくつもの棟がありました。
     

    学内をつなぐトンネルです。長さは500mほどありました。
    圧巻です。





    発表は、以下の3つの要点で行いました。
        地元企業が出資し、その自己資金を中心に活動するという
      県内でも唯一と思われる組織形態の先進性

        儀間川河口域の赤土堆積量調査を行い、科学的に赤土流出防止の効果を検証する試み

        久米島町との協定締結や地元ダイバー、漁協関係者との協同活動

     

    それで、発表は、2つの会場で行いました。

    1つ目は、大型スクリーンのある大ホールにて発表しました。


    こちらも圧巻のホールにこれぞ学会という雰囲気でした。



    理事長の田場が発表しました。



     



    発表が終わっての記念写真。

    外国人の方は、以前、久米島にフォームステイしに来て、田場と知り合った子とその友達です。偶然、会場であいました。

    真ん中は、WWFジャパンの権田さんです。



    2
    つ目は、ポスターセッションです。

    各発表者が、自分の発表内容の書いてあるポスターの前に立ち、求めに応じてフェイストゥフェイスで発表を行うというものです。

    多くの人がごった返す中、熱心なお客さんからの質問に2人で答えました。






     



    50種類ほどのポスターセッションが行われていました。



    今回、活動をまとめてそれを形にして、発表するということの大切さを感じました。

    このようにどんどん外部に発信していきたいと思います。


    講演会:環境と調和した農業経営の取り組み 仲地先生 儀間先生 

    1
     

    皆さんこんにちは。

    今回は、13127日にあじま―館会議室で行われた講演会に
    ついて
    報告します。

     

    今回の講演会の狙いは、経済性の高い農業をすることが、環境保全にもつながることを主に農業関係者に意識して頂きたくて企画しました。

    講師として、仲地宗俊先生と儀間敏彦先生が久米島に駆けつけていただきました。

    (仲地先生は、沖縄本島、儀間先生は、熊本から)

     

    お二人の講演タイトル、プロフィールは、以下の通りです。

     

    ≪仲地宗俊先生(琉球大学名誉教授)プロフィール≫

     

    久米島町(旧具志川村)生まれ

    1981年琉球大学農学部勤務

       技官(教務職員)・助手・講師・助教授・教授を経て、20123月定年退職。
       
    現在に至るl

     

    講演タイトル

    環境と調和した農業経営の取り組み

     

    【講演要旨
    農業は厳しい状況が続いているが、近年、各地で6次産業や環境と調和した農業の視点から新たな取り組みが進みつつある。この講演ではこうした考え方と沖縄における事例を紹介しつつ、環境と調和した農業のあり方を考えたい。

     


    ≪儀間敏彦先生(東海大学 経営学部 教授)プロフィール≫

    19616月、那覇市、生まれ。(52歳)

     

    【久米島との関わり
    幼稚園前まで、久米島ですごす。父は、久米島出身。

     

    【講演タイトル】
    久米島の持続可能な経済発展とその可能性

    【講演要旨
    経営学とスポーツ心理学という先生ならではの観点から久米島の未来に向けた提言を先進事例を交えながら行う。

     
     

    久米島産業まつりの前日にも関わらず

    20名程の参加者があり、その関心の高さが伺えました。

    また、沖縄タイムスさん、久米島町広報担当者さんが取材に訪れてくれました。
    写真は、仲地先生。

      

     



    こちらは、儀間先生。



    広報くめじまにも掲載されました。


    写真は、割愛しています。


    懇親会も久米島の農業の未来について熱く語り合いました。

    これを契機に久米島の農業と環境保全が前進するように
    努力します。


    久米島の美しい棚田風景再生事業

    1
    皆さんこんにちは。


    さて、今回は、久米島の美しい棚田再生事業についてお伝えします。

    当会では、1310月から久米島町字仲地の棚田の再生に
    取り組んでいます。

    久米島は、名前に米があるようにかつては、稲作が栄えた島です。

    現在は、全島的に稲作からサトウキビに転換し、今の残るのは、ほぼ字仲地だけになっております。


    写真は、現在ある田んぼに実る稲穂と田植えをするおじいさん、稲刈り、それに田芋です。田芋も稲と同じく田んぼに植えて育てます。
    おじいさんの格好に味がありますね。











    しかし、この仲地の田んぼも、高齢化などから、使われずに雑草が生えてしまっている所が目立つようになりました。写真は、雑草が
    生えてしまった田んぼです。







    そこで、当会では、地元農家さんと協力して、雑草が生えてしまった田んぼの再生に取り組むことにしました。

    その面積は、3,000屐別1,000坪)になります。

    そこに稲と田芋を半分づつ植える計画です。


    まず、始めに草刈り機で草を刈りました。水がある田んぼもあって大変です。




    写真は、雑草を刈った後の田んぼです。
    雑草を刈るほかに、火を放って焼いたところもあります。







    そしたら、刈った草をいったん田んぼの外に出して、乾燥させた
    のちに肥料として田んぼに戻し、土に踏み込みます。合わせて、
    商品にならなかった小さな紅イモも、同様に踏み込みます。
    写真は、その様子です。




    草や紅イモが分解した頃に、耕うん機で田んぼを耕します。そこに代掻き(土を平らにする)をして、肥料を入れます。


    耕うん機が入らないところは、人力で耕します。この作業は、力と根気のいる大変な作業の一つです。


    肥料を撒いている様子です。


    これは、撒かれた肥料です。

    また、田んぼにいるジャンボタニシが稲を食い荒らすので、手で取り除きます。







    こうして、植付の準備ができました。





    これは、田芋の苗と田芋を植えている様子です。
    本格的には、
    3月から植え始めます。







    皆さんの頑張りで、ここまで、目標としてきた、3,000屐別1,000坪)の再生の準備が無事に整いました。今後、稲と田芋の苗植えを3月に予定しています。
    それでは、また、お知らせしますね。

     



    久米島の海を守る会オフィシャルサイト
    久米島の海を守る会オフィシャルサイト

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    天気予報

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:87 最後に更新した日:2018/06/04

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM