第3回定期総会

1
みなさんこんにちは。 
久米島は梅雨があけて、連日30度を超える暑い日が続いています。
寝るときは、カヤをして、扇風機を当てて寝ています。

さて、平成25年6月25日に行われました第3回定期総会の様子をお送りします。
24年度の活動報告、決算報告と25年度の活動について活発に議論を行いました。
写真はその時の様子です。


総会の後は、懇親会で米島酒造の美ら蛍を酌み交わしながら、今後の活動について語り合いました。


それでは、またの機会にお会いしましょう。

久米島町と協定書締結

1
 みなさんこんにちは。
今日の日中は暖かく半袖でも過ごすことができました。
久米島のサトウキビ刈りも終盤戦でだいぶ刈り取られています。

さて、今回は久米島町と「赤土流出防止対策推進の協力協定書」を締結した時の様子をお送りします。
今まで久米島町と当会が連携して、ベチバーの植栽や赤土流出防止板の設置などの赤土流出防止活動を行ってきました。
そして、今度、その活動の連携をより一層深める目的で協定書を取り交わす運びになりました。

調印式は、平成25年(2013年)4月2日(火)PM10:00〜10:30に久米島町仲里庁舎2F応接室で行われました。
当会からは、10名ほどのメンバーが参加しました。
久米島町からは、平良町長、大田副町長、仲渠村産業振興課課長、産業振興課担当の大宮さんが
出席されました。

写真は、平良朝幸町長と理事長田場が協定書にサインを交わしているところです。



この写真は、当会の角印を押しているところです。



こちらは、公印を押している平良町長です。



おかげさまで、協定書を取り交わすことができました。



その後、活発に意見交換を行いました。



当会の今後の動きとして、従来の活動を促進する他に、農家さんに対し、緑肥を生かした土づくりや
土壌のpH調整の大切さなど土づくりの面からもアプローチして行く考えを伝えました。



最後は、メンバー勢揃いしての記念写真を行いました。造り酒屋さん、お菓子屋さん、化粧品、もずく、木工、健康食品など各々メンバーが各々の会社のユニフォームで写っているのが当会の特徴をよく表していますね。

これを契機により一層の活動の充実を図りたいと思います。

あと、この度の協定書を結びに当たり、WWFジャパンの権田さんには、多大なご支援を賜りましたことこの場を借りて深くお礼申し上げます。

定期総会兼理事会H25.3.26

1
 みなさんこんにちは。
今日の久米島は、晴れで薄手の長そで一枚でも少し暑いくらいでした。
そして、島のあちこちではサトウキビ刈りが行われています。

さて、今日は、13年3月26日(火)に行われた定期総会兼理事会の様子をお送りします。
写真は会議中の様子。会議は真剣に。その後の懇親会は今後の活動についてアツく語らいました。





レイシガイダマシの買い取り

1
 みなさん、こんにちは。
今日は、久米島ダイビング安全対策協会さんからレイシガイダマシの買い取りの様子をお送りします。

写真は、集められたレイシガイダマシです。



計量したら、約5.5kgありました。(写真のメモリは、7.5kgですが2kgは容器の重さ)
今回の買い取り額は前回と同じ1000円/kgなので、5,500円になります。



ひとつ、ひとつ、ピンセットで手作業で駆除作業してくださる久米島ダイビング安全対策
協会の皆さんに改めて拍手〜。

久米島小学校5年生とのベチバー植付作業

1
皆さんこんにちは。

今回は久米島小学校の5年生の環境教育の一貫で行われたベチバー植付のお手伝いをして来たのでその様子をお伝えします。

改めておさらいすると畑から海に赤土が流れた場合、サンゴにダメージを与えるのでそれを防ぐために
ベチバーの植付を久米島で進めている背景があります。

さて、写真はベチバー植付前の様子です。右側の斜面の際に植えていきました。
 




今回、久米島町役場から提供されたベチバーです。





久米島小学校5年生の子供たちです。



役場の担当の方から説明を受けて子供たちと作業に入りました。



守る会からの参加者です(手前の方は役所の方)。ダイバーさんも参加してくれました。



まず、大人が大きいスコップで耕します。





大人が耕した後、子供たちが植付をします。
















斜面にも植えつけました。






作業が終わってみんなで記念撮影しました。


作業が終わってほっと一息。無事終わってよかったです。



久米島応援応援プロジェクトでもこの活動のブログあります。
http://kumejima-support.seesaa.net/



第5回儀間川河口域赤土流出状況モニタリング

1
みなさんこんにちは。
今回は、2012年12月1日に行いました儀間川河口域赤土流出状況の調査の様子について
お送りします。

写真は、儀間川河口域の様子です。中央右側に久米島製糖の煙突が見えます。



今回も、音無さん兄弟に操船と潜水サンプリングをお願いしました。
寒い中ありがとうございます。



水中の様子です。


河口すぐの場所は歩いて向かいます。



サンプリング場所(No.7)の様子です。


大潮で水が引いたタイミングをみてサンプリングを行います。


No.5,No.6,No7のサンプルです。


赤土の体積状況の測定風景です。


透視度計を使って濁り具合を測りそこから赤土の堆積度を割り出します。



これが各ポイントのデータです。



上の表を図に表わしたものです。


調査結果について沖縄県衛生環境研究所の金城さんからコメントを頂きました。

【コメント】
河口付近に堆積していた赤土が、沖側から北方の深み(航路)に
向かって移動している状況がうかがわれます。
全体的にも同じような傾向で、溜まった赤土が北側の深みに移動し
ているようです。

前回の調査と比較すると、新たに赤土が流入して堆積したというよ
りは、サンゴ礁への赤土の流入は少なく、波浪等によって堆積した
赤土が移動したと 思われます。 


赤土対策の実施規模から考えると、目に見えて成果はまだまだといったところでしょうが、
調査結果の積み重ねが今後の活動につながると期待しています。

第4回儀間川河口域赤土流出モニタリング

1
 皆さんこんにちは。
今回は、8月18日に実施した第4回儀間川河口域赤土流出モニタリング調査についてお送りします。

兼城港からの出発です。



海上から陸地を望んだ様子。



今回も漁師の方にお願いして潜ってもらいました。



海底の様子その1。



海底の様子その2。



採取し底土。深いところだと9mもありますが、そこを素潜りでいけるのがさすが漁師ですね。



儀間川河口の様子。



河口でのサンプリングの様子。大潮の時の干潮時を狙って行きました。



No.2〜4の底土の様子。



No.5〜7の底土の様子。


No.8〜10の底土の様子。


No.11、13、14の底土の様子。


No.15の様子。



結果は以下のようになりました。前回と比べてそれほど大差ないようです。



今後もモニタリング調査を継続していきます。


12年9月26日 報告会

1
皆さん、こんにちは。
今回は、平成24年9月25日に行われました、報告会の様子をお届けします。
この報告会は、久米島応援プロジェクト(代表:WWFジャパン)が3年間の総括を発表する場で、当会はそこでの協働作業を発表しました。

写真は、3年間の総括をするWWFジャパンの権田さんの様子。



こちらは、国立環境研究所の山野さんが赤土流出防止を科学的観点から発表している様子。



これは、当会の理事長田場が発表しているところ。





今回は、町関係者を中心に30名近い方が参加してくださいました。



沖縄タイムスの通信員の方も取材にきてくれました。


多くの方に、当会の活動を知って頂くことができ実りある発表になりました。
また、この発表をきっかけに、今後の活動の発展につながっていくと期待しています。

12年10月3日 儀間川流域ベチバー植付作業

1
お久しぶりです。
しばらくお休みしていたブログですが、その間ももちろん活動を続けてきました。
まずは、こちらからアップします。

今日、平成24年10月3日に儀間の畑においてベチバー植付作業を行いましたので報告します。写真は、畑の全景です。



平成24年8月11日に赤土流出防止板を設置しました。(その様子は後日アップします)
その板の内側に今回、ベチバーを植えました。



今回、久米島町産業振興課さんからベチバー苗100株を提供頂きました。
ご支援ありがとうございました。



まず、苗を大まかに並べました。



およそ30cm間隔に穴を掘ってベチバーを植えました。



端から順番に植えていきます。



モクモクと植えていきます。



しっかり穴を掘って、



植えてからかかとで踏んで根っこが土に着くようにします。



赤土流出防止板沿いにすべて植えたところです。



およそ、40mあまりを1時間かけて植えました。



ちょっと暗いですが、すべて植えた様子です。



WWFジャパンさんと久米島町さんと協力して、どんどん活動を進めていきます。
これからもよろしくお願いします。

レイシガイダマシの買い取り

1
こんにちは。

当会では、ダイバーの皆さん(久米島ダイビング安全対策協議会)が駆除した
レイシガイダマシを1,000円/kgで買い取る制度を実施しています。

今回は、その第2回目を実施しましたのでご報告します。

これは、ダイバーさんが空き時間を見つけて、コツコツと1匹1匹
サンゴに吸い付くレイシガイダマシをピンセットで捕獲して駆除したものです。


これが今回の駆除分です。



大きいものでおとなの親ゆびの頭ぐらいありました。



重さは、18kgありました。(目盛は20kgだが、容器の重さは2kgあるので)。


貝の1つ1つは小さく、駆除活動は地道ですが、この活動の積み重ねが、
久米島のサンゴへの食害を着実に減らすことにつながっています

久米島ダイビング安全対策協議会の皆さん大変お疲れ様でした!


久米島の海を守る会オフィシャルサイト
久米島の海を守る会オフィシャルサイト

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

天気予報

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:85 最後に更新した日:2018/05/15

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM