久米島「海洋深層水の日」イベントがありました♪

1
去る6月12日に、久米島「海洋深層水の日」イベントがありました〜

なぜ「6月12日」か!? 
それは、久米島の海洋深層水が「深さ612m」から汲み上げられているから!
この深さは日本で2番目、取水量の13,000トン/日は日本一なのです!

久米島では、この深層水をクルマエビや海ブドウの養殖や、塩、飲料水、化粧品など
さまざまな分野で活用しています。

そうそう、「バーデハウス久米島」は、海洋深層水をバーデプールに100%用いた
健康増進&元気促進のスパ施設で、とてもリラックスできるんですよ〜



この日は、早い梅雨明けをした快晴の下、(去年は梅雨の真っ最中)
まずは、平良町長のあいさつで始まりました。





海洋深層水関連の商品を販売する出店が並びました。




塩造り体験もできるんです。





塩造りは子どもたちに大人気。
海水から塩ができる過程ってなかなか見られないので、大人でも興味深々。





久米島のイベントでは恒例の「モズク流し」もありました。





足みずフットクールで一休み。
深層水の水って冷たくて、温まりにくいので、気温の高いこんな日でも水はずっと
気持ちいい冷たさを保っているんです。
足だけじゃなく、全身つかってるお子さんもいました〜



小さいイベントですが、久米島ならではの楽しさがいっぱいでした

WWFジャパンさんから赤土観測の方法を習いました!

1
前回のブログでは、WWFジャパンさん達「久米島応援プロジェクト」の方々から、
赤土観測の方法について、室内でレクチャーを受けたことを報告しましたが、
今回は、 いよいよ?野外実地研修です。

赤土がどれだけたまっているか、どんな場所でどのように調べるのかを、
実際に河口や海に行って教えてもらいました。



まずは土の「サンプリング」からスタート。
河口近くで、スコップを用いて土を取り、タッパーにおさめました。





その日はとても晴れた日で、海風が気持ちよかった〜
右手に見える亀のようなかわいい島は、
「久米島のひよっこりひょうたん島!?」こと「ガラサー山」です。
「ガラサー」とは沖縄の方言で「カラス」のこと。
カラスの帰るおうちになってるんですね。






ガラサー山近くの海でもサンプリング。水を抜きながら、土をタッパーにとり、





サンプリングした土を持ち帰り、測定作業に入りました。

土を網目のザルでふるいにかけ、





ふるいを通過した土を計量スプーンで量りとって500mlペットボトルに水で流し込み、





よく混ぜて1分静置した後、透視度計に注ぎ込んで、上からのぞきました。




透視度計の底には、二重十字線がかかれており、
その線がかすかに見えるまで、水を少しずつこぼしていったのですが…

なかなか十字線は見えない!ので、たくさん水をこぼし→
透視度計の水はどんどん減り…

つまり、透視度の値が小さいほど濁っており、
SPSS(底質中懸濁物質含量)は高くなるんですね

ちなみに、この日調べた2地点ともにSPSSランクが7で、
かなり赤土が多いという残念な結果となりました
(最も赤土が多いとされるのがランク8)


この結果が、少しでも良くなっていけるように、
今後もこの赤土観測モニタリングと、赤土流出防止活動を
同時並行で進めていく予定です









WWFジャパンさん達との打合せ

1
先日、5月22日にWWFジャパンさん達との打合せがありました。

内容は、陸での赤土流出防止のための植栽方法と、
海での赤土流出量の測定方法に関するものでした。

現在、久米島町において、WWFジャパンさんを中心に、
自然環境のプロの方々が結集して作られた
「久米島応援プロジェクト」が進行中で、
久米島の豊かな自然を守るための活動が行われています。

当会としても、久米島の海を守るために、
赤土流出防止活動に取り組んでいることから、
本プロジェクトのメンバーと協働で活動を行っていく予定です。

この活動の内容は、これからも随時報告していきます。









久米島 モズクの日エコマリンフェスタ2011 開催!

1
はじめまして!


私たちは「久米島の海を守る会」という団体です。

当会は久米島の美しい海を守りたいという有志が集まり作られました。

詳しい自己紹介はHPを見ていただくとして…



このたびブログをスタートさせることになりました。

ここでは、当会の活動やお知らせとともに、

久米島の日常の話題・イベントや自然、食べ物、発見などなど、

久米島の魅力をいろいろ紹介していきたいと思いますので、

どうぞよろしくお願いします!


記念すべきブログ第1弾は、

先日4月17日(日)に泊フィッシャリーナで行われた

イベント「モズクの日エコマリンフェスタ in 久米島2011」です。



この日はあいにくの雨…

そのため、予定されていた催しものはキャンセルとなりました。




しかし、イベントそのものは雨天決行!

ということで、雨の中ハテの浜ではゴミ拾いが行われました。




拾い集められたゴミの山です!!↓

このゴミは漂流ゴミと言ってはるばる海流に乗って

国内外から流れ着いたゴミです。

このように地元の有志のみんなで定期的に

拾いにいってきれいにしています。

拾いに行ったみなさま お疲れさまでした。





恒例の「流しモズク」もやりましたよ〜↓

「モズクの日」だから、モズク食べ放題

タレがモズクとあって、すごく美味しいんですよね〜




また、フードコーナーでは、久米島漁協さんによる

モズクと冷凍車エビの販売が行われました。

久米島は車エビの日本一の産地!





焼きそばなどもあり…↓




そして、久米島の海を守る会としては、

少しでもイベントを盛り上げるため、久米島の農家さんが作った

とれたて野菜の販売を行いました↓ 





見てみて!この春キャベツ!人の頭より大きいんです。↓

写真左側では、深層水で作った海ブドウ(これも久米島特産!)も

大特価で販売されていました。(たくさん買って親戚に送りました!)




雨のおかげで、お客さんは少なかったのですが、

野菜は見事に完売しました



こんなふうに、久米島の楽しい情報をお届けしたいと思いますので、

これからもよろしくお願いします

test

0
    テスト記事です。

    久米島の海で撮影されたウミウシの写真です。




    photo by Machida
     

    只今、テスト中!NO2

    0
       只今、ブログテスト中! 無視してください。
       こちらの画像はモバイル用ブログの画像です。 

      ブログ表示テスト中!

      0

        新規ブログ立ち上げに付き、只今、テスト中です。



        久米島の海を守る会オフィシャルサイト
        久米島の海を守る会オフィシャルサイト

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << July 2018 >>

        天気予報

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        書いた記事数:87 最後に更新した日:2018/06/04

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM